注意ポイントや買取可能なお酒の種類は要チェック!

注意ポイントや買取可能なお酒の種類は要チェック!

アルコール

開封フィルム

これから、初めてお酒の買取を依頼する人のために、買取時の注意ポイントをまとめて解説していきます。初めてお酒を買取依頼をする場合でも、基本的な注意ポイントは開封されていないことですよね。開封されていれば、もちろん買い取り手はつきません。その他にも、元栓やフタを開ける前の開封フィルムが外されていないかも注意ポイントです。何故なら買取NGになってしまうリスクがあるからです。そのため、飲む予定がないとわかったお酒はむやみに開けないほうが得だと言えるでしょう。

減額の対象になる

例えお酒の開封をしていなくても、長年の保存でお酒の中身が減ってしまうことがあると思います。それは査定をした時に減額の対象になってしまうので気をつけましょう。横浜にはお酒の買取を取り扱いしている店があるので、リサーチしてみると良いです。

変色がないかチェック

保管状況にもよりますが、お酒の色が変わってしまう場合があります。それは長期保管や日の当たる場所などに保管していたことが要因になるでしょう。そういったお酒の変色も減額の対象なので保管場所には気をつけましょう。

買取可能なお酒の種類

ブランデー

ブランデーで有名なカミュやヘネシーなど、コレクターにはたまらないお酒たちもお酒の買取店では買取が可能です。そのため、家のコレクションに眠っているお酒を一度買取にて査定してもらって、価値を見てみましょう。

ワイン

ワイン通の方も多いほど、ワインはお酒好きの方にとっても馴染み深いお酒です。こちらも買取可能です。また、ワインは時期によっても買取価格がアップする時期があるので、それを踏まえて売りに出すと良いでしょう。

ウイスキー

ウイスキー好きは沢山いますが、銘柄によって好みが大きく分かれるものと言えます。貰い物の場合、好みではないウイスキーもありますよね。そんな時は買取でも人気のウイスキーは売ってしまったほうが良いでしょう。他にはシャンパンなども買取は可能です。

必要な人の手に売ろう

お酒好きの方にとって、飲むだけでなく、集めるのも楽しみのひとつだと言えるでしょう。お酒を買取している店舗は、そういったコレクターの方たちにとっても、売る人にとっても利便性の高い店です。だからこそ、不要になったお酒は必要としている人の元に届けましょう。

広告募集中